緑の色違いと明暗の変化のパターン

私がよく使う方向の色相での変化、眺めると渋いですね〜
私のこの色合いで真似て作るのでなく、自分の緑の色味で黄色系から青系、
茶系へと感覚的に作成してみると自分の緑の変化を再確認できると思います。
中心の4番目の色をまず置いてみる、そこから明暗の変化をつけると作りやすいかな。
是非遊んでみてください。このパターンを作成すると、自分が作れない緑色が見えてくるように思う。
私のパレットにある緑は(今現在はビリジャン、シャドーグリーン、カドミウムグリーンライト)です。
f0253789_08431269.jpg

[PR]
Commented by hiro at 2016-07-27 07:31 x
風景を描いた時に緑が同じようになったり、花を描いた時に葉っぱが同じ緑になって難しい。たとえばサップグリーンに青系を混ぜる時に均等に混ぜる、その後黄み系がが欲しい
場合今まで作った緑に黄色を混ぜる、赤系が欲しい場合又その上に赤を混ぜる、こんな雑な混色で良いのですか?
Commented by akasakatakashi at 2016-07-27 08:25
絵の具の混ぜ方が大切ではありません、自分の目を信じてください。
まず、緑の変化を作ってみる。
次に黄色系に振る。。
青系に振る、赤系に振る。
これをやっていく中で自分なりの混色のスタイルが確立できるはずです
Commented by ヨッシー at 2016-08-06 06:09 x
これを参考に作ってみました。微妙な緑の違いを出すの難しかったですが今まで悩んでいた緑の表現少しは変化つけられそうな気がしました。次回のスケッチで試して見たいと思います。
Commented by akasakatakashi at 2016-08-06 07:26
今 毎回横浜でこの話をしています。
ちょっと遊び程度に思い一杯気分で作ったのですが
考えてみると結構大事(笑)
今までこういうことをあまりやってなかったなあと反省中。
ヨッシーさん偉い!
Commented at 2016-08-06 15:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akasakatakashi at 2016-08-06 17:17
いろいろと了解しました
金曜クラスは金曜の夜がいいでしょう
土曜クラスは月曜になりますけど。。。
とにかく開けておきます。
楽しいことたくさんやりましょう(^.^)
by akasakatakashi | 2016-07-26 19:42 | 教室 | Comments(6)

透明水彩で描く街の景色 in Yokohama


by 「水彩画ルールブック」好評発売中
プロフィールを見る
画像一覧